本文へ移動
かがみの育成園
障害者支援施設

かがみの育成園 新着情報

障害者支援施設 かがみの育成園

 「おだやかに! 心豊かに!! その人らしく生きること」を応援します。
 
 当園は昭和37年に四国で最初の成人施設として開設しました。
   時代とともに変化するニーズに対応し、ライフステージに応じた自立、地域移行支援を提供しています。
 「生活の質の向上」を目指し重度の方であっても自己選択・決定できる情報の提供や各行事・イベントを定期的に実施しています。また、複数の医療機関と連携し健康管理を行っています。
 地域で生活されている障害者の家族を支えるために短期入所や日中一時支援を行っています。

かがみの育成園
〒782-0051
高知県香美市土佐山田町楠目3660
TEL 0887-53-2174
FAX 0887-53-2175
E-mail  kagamino@orion.ocn.ne.jp

SNS

概要

事業開始
平成24年4月1日 指定『障害者支援施設』事業開始
施設規模
総敷地面積 17,578.00㎡ 
建物    5,909.12㎡
鉄筋コンクリート造り2階建 鉄骨造り4階建他
利用定員
80名
職員構成
管理者        1名
サービス管理責任者  2名
支援員        55名(1.7:1体制 常勤換算)

看護師        3名
理学療法士      1名
栄養士        1名
事務員        4名

利用者支援

利用者編成

利用者職員対象者
11812四肢機能障害者・重度者
21918自閉症・行動障害・最重度者
32111重度者
42214高齢者・重度者
80
55
 

生活介護

 利用者支援においては、一人ひとりのトータルケアです。様々な生活場面においてご本人が必要とするサポートを受けながら安心・安全で豊かな生活が送ることができるような環境を提供できるようにします。

日中活動(生活介護事業)

日中活動

活動コース活動項目活動内容
生活支援コース課題学習教材・個別課題
音楽療法ミュージックケア 
体力作りコースリハビリ訓練PTの指示によるリハビリ 
 サーキットトレーニング
体力づくり歩行・訓練的な作業
癒しコースリラクゼーション散歩 はつらつ体操
作業活動コース室内軽作業ボルト組立、袋・箱詰め・ウエス
メンテナンス公園清掃
アルミ缶回収、潰し
アート創作活動
施設外実習施設外の体験
 
 
利用者の状況やニーズに応じ、半日単位で各コースを利用します。

生活支援

 日常生活の中で身体的機能維持を目的として、生活リハビリを実践していきます。階段利用や利用者一人ひとりのADLをアセスメントして自分でできる動作の維持を図るとともに自立に向けてのスキルを身につけていくことを目指します。

在宅者支援

短期入所(者・児)事業及び日中一時支援(者・児)事業所指定で受け入れています。

施設の風景

中庭から見たレストラン

居住棟からレストランに向かう際に、中庭越しからの様子。

利用料金

入所支援サービス費(1日当たり)

単位:円 R2.4
 
金  額
基本部分
区分6
2,980
区分5
2,500
区分4
2,000
区分3
1,64
区分2以下
1,34
重度障害者支援加算 
ロ(一)
 
70
ロ(二)
対象者
1,800
夜勤職員配置加算
390
入院・外泊時加算
8日以内
2,720
8日を超えて82日以内
1,620
入院時特別支援加算(月一回)
8日を超えて4日未満
5,610
8日を超えて4日以上
11,220
入所時特別支援加算
入所日から30日以内
300
地域移行加算
入所中、退所後各1回
5,000
処遇改善加算
6.9%
※本人負担は1割となりますが、収入に応じ減免が受けられます。 

生活介護サービス費(1日当たり) 

単位:円 R2.4
項 目
  
基本部分
区分6
10,430
区分5
7,770
区分4
5,420
区分3
4,860
区分2以下
4,380
人員配置体制加算(Ⅰ)
1.7:1
1,970
福祉専門職配置加算(Ⅲ)
60
リハビリテーション加算
200
初期加算
入所日から30日以内
300
常勤看護職員等配置加算Ⅱ
 
160
処遇改善加算6.9%
※本人負担は1割となりますが、収入に応じ減免が受けられます。
 

支援費対象外サービス

・支援費対象外サービス   単位:円
          
食費日額 1,550標準月額 47,120
光熱水費日額   209標準月額   6,354
※収入により補足給付があります。
 
                                      ページトップへ

四季折々のイベント

日中活動

ボルト作業
業者の委託作業を受けています。
品質管理と丁寧な作業。
収益は、工賃として支払われます。
アルミ缶作業
地域の方々のお力添えをいただき、アルミ缶を回収して、圧縮作業を行っています。
収益は、工賃として支払われます。
体力コース
歩いて健康維持!
サーキットトレーニングなど様々なプログラムにより、体力維持を図ります。
創作活動
絵や書道など、創作活動を行っています。
障害者作品展への出展などを通し、創作意欲を高めて取り組んでいます。
リハビリテーション
専任の理学療法士が医師や非常勤の理学療法士、専任看護師とチームとなり、利用者のリハビリを行っています。
残存機能の維持と高齢化に伴い個々の利用者に応じた自助具について、支援員と連携して日々の暮らしを安心して過ごせるようにしています。

苦情解決窓口

・相談担当者:中山智博、横田優子(サービス管理責任者)
・苦情解決責任者:田中正哉(園長)
・利用時間:9:00~17:00(土曜、日曜、祭日を除く)
・第三者委員 田村桂造(博愛園 園長)
       前田和夫(土佐山田町手をつなぐ育成会副会長)
       高野隆司(社会福祉士)

アクセス

●JR土佐山田駅より車で5分

●JR土佐山田駅より徒歩で15分

TOPへ戻る