本文へ移動

香南くろしお園のあゆみ

1988年 無認可作業所の設立

        くろしお作業所外観
昭和55年、障害のある人達の自立と社会参加を願い「香我美町手をつなぐ育成会」が設立。その後、昭和57年に旧香南5ヶ町村(野市、香我美、夜須、吉川、赤岡)による「香南地区手をつなぐ育成会」へとつながる。当時、特別支援学校卒業後の進路に関しては「働く場所がない」「住み慣れたまちで過ごせる場所がない」といった地域の課題がある。「家族と暮らしながら地域で過ごしたい」「仲間同士で集える場が欲しい」…そういった本人、家族の思いを踏まえ、昭和61年より作業所設立運動が開始。用地探しに難航するものの、関係者が一丸となり資金集めや必要性を訴える。行政関係を含め多くの地域住民の協力も得ることができ、昭和63年7月に無認可作業所である”くろしお作業所”が利用者5名からスタートする。

1994年 香南くろしお園設立

      香南くろしお園(岸本地区)外観
平成3年、無認可作業所より社会福祉一種施設(当時)に向かうことを協議。新たに施設を設立するため趣意書の作成、建築活動を開始する。ここでも用地探しに難航するが、行政、地域住民の協力を得て、南側に太平洋の穏やかな波風を感じる香南市香我美町岸本地区に土地を確保。平成5年9月、起工式を行い、平成6年3月に”通所授産施設 香南くろしお園”として利用者14名より新たなスタートを迎える。以後、幅広い地域のニーズに応えていくことで利用者数も増加。都度、事業内容を見直すことで定員変更や増改築を行い”利用者主体”を大切にした運営を続ける。

2017年 香南くろしお園 事業所移転

       香南くろしお園(山南地区)外観
香南くろしお園では無認可作業時代から「利用者主体」と「地域交流・参加・貢献」を大切に事業運営を行う。平成6年に岸本地区に設立した施設は、周辺住民との交流が日常にあり、困った時には互いに支え支えられるといった関係性にもあった。状況に変化が生じたのは平成23年3月の東日本大震災。施設からすぐ50m先にある、普段は穏やかな波音と浜風を運んでくれる太平洋が、未曾有の大災害時には脅威に変わることを知る機会にもなった。同年、利用者の人命を最優先に考え事業所の高台移転を判断。設立当初より20数余年を経過する中で「利用者数増加」「重度高齢化」といった課題も抱えていたことから、移転時には「この先も安心して過ごせる施設整備」を重視し計画を進める。用地探しで過去の建設時同様に難航するが、ここでも助けられたのは地域住民と行政。香南市香我美町下分(山南地区)に用地確保を行い、平成23年より始まった高台移転事業は、約6年の歳月を重ね無事に完成に至る。
社会福祉法人
高知県知的障害者育成会
〒783-0028
高知県南国市陣山字弥市531-1
TEL:088-855-3717
FAX:088-855-6181
施設入所支援
共同生活援助
就労継続支援A型
 SORA
就労継続支援B型
就労移行
就労定着
生活介護
放課後デイ
短期入所・日中一時
地域活動支援センター
相談支援
就業・生活支援センター


1
2
7
0
5
0
TOPへ戻る